キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 バイク買取市場でも花形!カワサキ・ニンジャZX-12R。 : バイク買取の実態

バイク買取市場でも花形!カワサキ・ニンジャZX-12R。

カワサキが生み出すバイクの中でも、「カワサキ・ニンジャZX-12R」はピカイチといった声が聞こえてくるほどの名車。バイク買取市場でも花形のその評価を確かめます。

バイク買取の実態mainimage

バイク買取市場でも花形!カワサキ・ニンジャZX-12R。

カワサキモータースジャパンは、川崎重工業の子会社で、川崎重工が製作したオートバイやジェットスキーなどの販売を行う会社です。

カワサキオートバイ販売をカワサキモータースジャパンに社名変更したのは1993年。

さらに後年には同社の事業の1つとしてカワサキプラザ(Kawasaki PLAZA)を立ち上げ、カワサキブランドのモデルを統括して販売するショップとなっています。

プラザは東京を核として、静岡・岡山・福岡の合計4都市におよび、カワサキブランド拡販の旗艦店的役割を担っています。

カワサキの数あるバイクの中でも、カワサキ・ニンジャZX-12Rは、2000年に前身の川崎重工業が開発したもので、当初は日本国外への輸出用として開発された大型自動二輪車でした。

2000年の開発当時は、ノーマルの状態で300キロ以上のスピードを達成した「世界最速の市販車」としてもメディアを賑わせ、一躍、日本のユーザーにも知れ渡る結果となりました。

東京でバイク買取業を営むBさんによると、「このZX-12Rは、当初、スズキのGSX1300Rハヤブサが記録していた世界最速のレコードを上回ることをミッションに開発されたブランドです」ということです。

さらに「最高出力181ps、最大トルク14kgmのエンジンを搭載させ、群を抜く加速力をみせたことも驚異でした」と感慨深げに語ってくれました。

もちろんバイク買取市場では定番の人気があり、ツーリングのシーズンになると、入荷してもすぐに買い手がつくといったことも珍しくないそうです。

重量感があり、やや前傾気味とも思える流線型のボディデザインは、俊敏なパフォーマンスをみせる忍者そのもの。

バイク買取店にとっては、いつ入荷しても展示場を飾るメインモデルに位置づけられているほどの名車です。

気になる記事⇒自動車 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索